美容整形不要な美少女の沢尻エリカ


【PR】悩み解決の商品をご紹介
恋人が欲しい人-婚活情報
目を閉じてもバレないアイプチ
ダイエットで痩せたい人「美的90選ベジライフ酵素液」
乾燥肌を治したい人「乾燥肌改善法お試しセット」
1日5分で美肌になれる美顔器「エステナードソニック」
ワキガ臭いの予防商品「デオドラントジェル海露(UMITSUYU)」
薄毛を解決したい人「ノコギリヤシの力で育てる!育毛サプリメント」

早く復帰して欲しい沢尻エリカ様です。

その美貌から美容整形してると思っている人もいるかもしれませんが、沢尻エリカさんは正真正銘の美少女です。その美貌は中高生時代から輝いていました。

最近では、エステティックサロン・たかの友梨ビューティクリニックのCMで美貌と美肌を披露してます。

彼女の家庭は複雑なのでTVの表面的な報道だけで判断されているのが可哀想ですね。

現在の美しい沢尻エリカさん

デビュー前の沢尻エリカさん。今と同じで美少女です。

そして子供時代の沢尻エリカさん

デビュー当時の水着画像

綺麗な体ですね。この頃の沢尻エリカさんは、美容エステサロンなんて不要ですね。

 

 

 

1986年(昭和61年)4月8日、東京都に生まれ育つ。
日本人とアルジェリア系フランス人(アルジェリア生まれフランス育ちのベルベル人)の母を持つハーフ
名前の”エリカ”(本名・繪理香)はツツジ科のエリカに因んで命名された。

さばさばとした性格で、本人も自らを男っぽい性格
元々は天然パーマで、『ニコラ』モデル時代の初期の写真はクルクルヘアー
当時掲載されたプロフィール紹介において、自分の好きな所と嫌いな所は何か?という質問に「嫌いなとこも好きなとこも天然パーマなところ」と回答
2006年頃から地上波、BS、CS含めテレビ番組を一切見ない生活をしている
家のテレビにはアンテナ線を繋げておらず、DVD観賞用モニターとしてのみ使用
自分のいいところはごきげんなところで、ダメなところは、飽きっぽいところと熱しやすく冷めやすいところ
好きな言葉は「ありがとう」で、嫌いな言葉は「がんばれ」
アイドル時代の夢は女優かヘアメイクアーティストになることだった
今でも写真、CM、舞台挨拶などでのメイクはほとんど自分でする
その振舞いから「エリカ様」「女王様」と一部メディアが呼称している
夫の高城剛とは、交際が始まる以前の2006年3月29日にトルコで一緒に皆既日食を見ている
2008年8月1日にはロシアの中央アジア部にある構成共和国のひとつアルタイ共和国の山奥に2人で皆既日食を見に行った
皆既日食が終了しダイヤモンドリングが現れた瞬間に、高城からプロポーズされた
沢尻によれば「日食は私たちにとって特別なもの。今年も奄美に見に行くの」
その言葉通り、2009年7月22日に夫婦で皆既日食帯に入る奄美大島北端に行ったが、曇天で太陽を望むことはできなかった。

父は日本人で、母はアルジェリア系フランス人(アルジェリア生まれフランス育ちのベルベル人)のハーフ
3人兄妹の末っ子
父親はエドノコバン他、16頭の競走馬を所有していた馬主だったが、中学3年の時に癌で死去
母親は以前、地中海レストランを経営
店には沢尻のポスターが貼ってあり、沢尻も時々店を手伝っていた
このレストランは営業を終了している。
次兄は高校1年の時に交通事故で死去。
長兄は元俳優。家族ととても仲が良く、沢尻は「“大切”という言葉では表現しきれないほど強い力で結ばれている」と語っている。
ドラマや映画の撮影後は家族旅行に出ることが多く、『タイヨウのうた』撮影後は家族で沖縄旅行へ行った。
今まで生きてきた人生の中で、忘れることができない一冊の本として、木内鶴彦著の「生き方は星空が教えてくれる」をあげている。
父親の影響もあり、小さいころから馬に親しみ、乗馬が得意
ダンスを習っていたことがある
また、音楽は「好き」というレベルではなく、生きていくために欠かせない一部である。

関連記事

Tags: , ,

One Comment

コメントを残す